民主主義を脅かす悪質な「フェイクニュース」

選挙結果を左右させるような「フェイクニュース」は、有権者の判断を狂わせるという点で「民主主義の破壊者」である。

----------------琉球新報2018.9.8

虚構のダブルスコア

 沖縄県知事選、出回る「偽」世論調査

 

 13日告示、30日投開票の沖縄県知事選を巡り、主な立候補予定者の支持に関する「世論調査」の情報が複数飛び交っている。調査結果の数字はおおむね傾向が一致し、主な立候補予定者2人のうち、一方の立候補予定者がダブルスコアでもう一方を上回るという結果となっている。その中には「朝日新聞の調査結果」とされる数字も含まれているが、朝日新聞社は本紙の取材に「事実無根。調査していない」と答え、偽(フェイク)情報であることが分かった。このほか「国民民主党の調査」もあるが、同党も調査を否定した。

 

 「朝日新聞の世論調査」とされる情報は「朝日新聞が52対26」という表現のもので、取材を通して得られる情報として出回っている。調査は9月1、2日に行われたとされており、主な立候補予定者2人のうち、一方への支持が52%、もう一方が26%と、2倍近い差がついている。朝日新聞社広報部は、この数字の真偽について「これは事実無根だ。弊社の数字ではない。そもそも調査も何もしていない」と調査自体を否定した。

 

 「朝日新聞」以外でも、政党が調査したとされる数字で「56・8対21・3」や、「34~35ポイント差がついている」といった情報が出回っている。

 

 そのうち「国民民主党の世論調査」とされるものは8月25、26日の調査で、「サンプル数2000」との情報とともに「ある立候補予定者がもう一方を13ポイントリード」とされている。国民民主党は本紙の取材に対し「調査をやったという話は確認できない。承知していない」と答えた。

琉球新報が「フェイクニュース」であることを指摘したのは、日刊ゲンダイなどが配信している記事だと考えられます。

 

ρ(・д・*) 下に掲載したように、「ダブルスコアで当選確実」というアナウンス効果を狙った「悪質なフェイクニュース」と云わざるを得ません。

--------------------- 日刊ゲンダイ 2018.8.30

玉城氏がWスコア優勢?

 沖縄知事選で早くも始まった情報戦

 

 自由党衆院議員の玉城デニー幹事長(58)が29日会見し、沖縄県知事選(9月13日告示、30日投開票)への出馬を正式に表明した。辺野古の新基地建設に反対するオール沖縄会議を主軸に、共産党や立憲民主党など国政の野党が支援する。

 

「民間の調査会社の情勢調査が出回っています。調査日は不明で、玉城氏53%、佐喜真氏26%、未定20%だそうです。他に、日本維新の会の調査結果だとして、玉城氏57%、佐喜真氏21%という数字もあります。いずれも玉城氏がダブルスコアの優勢ですが、維新は自公とともに佐喜真氏を推薦する。佐喜真陣営を引き締め、玉城陣営を油断させるための情報かもしれません」(地元記者)

 

 小沢一郎自由党共同代表は、「政府と自公は必死になって、あらゆる手段を講じてくるだろう」と言っていた。手段を選ばぬ安倍政権のこと。この先もアノ手コノ手で玉城陣営を揺さぶるに違いない。

 

琉球新報が 「フェイクニュース」であることを指摘した同日にも、日刊ゲンダイは「翁長知事の遺志継ぎ 沖縄知事選は玉城デニー氏が勝利する」という記事を掲載しています。

 筆者の孫崎氏は、防衛大学の教授や外務省国際情報局の局長を経験していながら、「米国でも‘リアンクール島’(竹島の米国名称)が韓国の領土となっている」や「尖閣諸島は日本固有の領土ではない」などと、事実誤認の発言を繰り返しています。

沖縄県知事選挙の結果を「フェイクニュース」で誘導することで、マスメディアが基地問題や領土問題を自社の主張に沿った方向へもっていこうと画策しているなら、民主主義の根幹を揺るがす大事件です。

------------------------------ 日刊ゲンダイ 2018.9.8

翁長知事の遺志継ぎ 沖縄知事選は玉城デニー氏が勝利する 

 

県知事選前に政党やメディアが世論調査を行っている。結果は次の通りだ。 

▽玉城氏が佐喜真氏を10ポイント以上リード(自公調査) 

▽玉城氏がダブルスコアでリード(全国系リベラル紙) 

▽玉城氏56・8、佐喜真氏21・3(保守系議員の調査)。 

もはや、この流れは止まらない。