テレビ朝日「防衛白書に中国反発「白書ではなく黒い資料だ」」

■ニュースメディア

ANN(テレビ朝日)

 

■ニュースタイトル

防衛白書に中国反発「白書ではなく黒い資料だ」

 

■ニュース掲載・報道日

2020年7月14日

 

 

■フェイク箇所

 中国政府は「白書ではなく黒い資料だ」と反発しました。

 

 中国外務省報道官:「『白書』と言うが、実際には『黒い資料』だ。日本の一部勢力の悪意があらわとなっている」

 中国外務省は14日午後、「日本の防衛白書は偏見と偽情報に満ち、中国の脅威をやたらとあおり立てている」と批判しました。さらに、「中国は一貫して平和的な発展の道を歩み、防御的な安保政策を掲げている」と主張しました。日本の防衛白書は中国が尖閣諸島を巡り、「力を背景とした一方的な現状変更の試みを執拗(しつよう)に継続している」と懸念を示しています。

[テレ朝news]

 

 

■フェイク理由・ソースURL・その他

 中国の大軍拡について一切報じないで、中国共産党の言い分だけを報じるのは、中国共産党の世論操作に加担する「印象操作」である。防衛白書がどのように中国の軍拡を指摘しているのかも、同時に報じるべきである。


■関連記事

--------------  共同通信 2020.7.14

防衛白書、コロナ禍の中国警戒 尖閣侵入「執拗に継続」

■関連記事

------------------------ 時事通信 2020.7.14

軍事色深める中国公船 海軍が組織・装備支援―防衛白書

■参考資料

----------------  防衛白書 令和2年版

■検証記事

---------------------  時事通信 2020.5.22

【図解・国際】中国国防費の推移

■関連記事

---------------------  時事通信 2020.5.23

中国、コロナ禍でも国防費6.6%増

 核戦力強化、米に対抗―全人代