テレビ朝日「ウイグル族の不妊手術は「自主的」中国機関が反論」

■ニュースメディア

ANN(テレビ朝日)

 

■ニュースタイトル

「ウイグル族の不妊手術は「自主的」中国機関が反論」

 

■ニュース掲載・報道日

2020年9月4日

 

 

■フェイク箇所

 中国の新疆ウイグル自治区で強制的な不妊手術が行われているとの報告書について、中国政府系の研究機関は「自主的な選択だ」と主張しました

 

 報告書は今年6月にドイツ人研究者が発表したもので、聞き取り調査などをもとに新疆ウイグル自治区でウイグル族などの少数民族の女性に対して不妊手術や避妊具の装着が強要されている疑いを指摘しています。これに対して政府系の研究機関・中国社会科学院の関連部門は、不妊手術や避妊具の装着については事実上認めつつも、「人々は自主的に安全で有効な措置を取っている」と反論しました。さらに、国際的にも認められた措置だと主張し、国内の他の地域でも行われているとしています。

 

 

 

 

■フェイク理由・ソースURL・その他

 中国共産党による100万人を超える東トルキスタン(ウィグル)の人々の強制連行・強制収容による民族迫害と人権弾圧は、多くの国際機関が調査し、その実体の多くが明らかにされている。それを受けて、単なる「批判決議」などでは無く「ウィグル人権法」という法律が成立するに至っている。

 また、中国当局が以前「1000~1200万人」としてきたウィグル人の人口を、強制収容所が確認されてから「700万人」と発表している(公表人数の差は「民族浄化」ではないかとの指摘も・・・)が、決して「少数」民族では無い。

 小松アナが「ウィグル報道は中国共産党にチェックされている」と番組で暴露していたが、中国共産党の主張を垂れ流しにするのは、中国共産党の国家犯罪に加担するのと同じだ。


ウィグルで行なわれている「強制収容」と「民族迫害・浄化」

■検証記事
-------------------  Share News Japan 2020.9.4

■検証記事
---------------------  Share News Japan 2020.9.11