概要

「第二回フェイクニュース大賞」にエントリーされた「フェイクニュース」の一覧の中から、これこそ平成30年(2018年)の「フェイクニュース大賞」に相応しいと思うものを選んで、投票フォームより選択して下さい。


「フェイクニュース大賞」受賞対象および受賞メディアは、投票フォームにて視聴者の皆様から寄せられた投票結果を参考に、審査員の先生方による厳正なる審査の結果、3月初旬の結果発表・授賞式にて発表する予定です。

応募要項

結果発表

受賞式会場

2019年3月11日(18:30~21:00)

場所 東京都文京区春日1-16-21 施設 文京シビックセンター・スカイホール

審査員

(50音順)

奥本康大先生  (「空の神兵」顕彰会会長)

高山正之先生  (ジャーナリスト、コラムニスト、元帝京大学教授)

但馬オサム先生 (文筆人)

西村幸祐先生  (批評家・ジャーナリスト・関東学院大学講師)

坂東忠信先生  (元刑事・外国人犯罪講師)

藤井厳喜先生  (CFG代表、国際問題アナリスト、拓殖大学日本文化研究所客員教授)

吉田康一郎氏  (元都議会議員・国民の知る権利を守る自由報道協会理事)

エントリーされた

報道

(記事・番組)

エントリーされた「第二回フェイクニュース大賞」候補の一覧です。タイトルをクリックすると暫定的にFacebookのページに掲載されている詳細に飛びます(将来的にはホームページ内に専用まとめページを制作する予定です)。

エントリーNo.1 NHK 「韓国軍 レーダー照射」の合成写真
エントリーNo.2 沖縄タイムス「共産党県議が警官に車を接触させた」のを「のろのろ運転手を逮捕」と隠蔽
エントリーNo.3 東京新聞「辺野古への移転」を「新基地建設」と報道
エントリーNo.4 琉球新報「キャンプシュワブへの移転」を「新基地建設」と報道
エントリーNo.5 朝日新聞「沖縄に新基地は必要?」報道
エントリーNo.6 しんぶん赤旗 一連の「徴用工」報道
エントリーNo.7 しんぶん赤旗 一連の「新基地建設」報道
エントリーNo.8 琉球朝日放送「辺野古新基地建設に抗議  県民大行動」報道
エントリーNo.9 朝日新聞系列他 一連の「安倍政権 言論弾圧」報道 
エントリーNo.10 埼玉新聞「ネット右翼からの抗議」報道
エントリーNo.11 「特定秘密保護法」に対する無責任な煽動報道
エントリーNo.12 毎日新聞「核禁止条約採択から1年 署名早く(社説)」
エントリーNo.13 
NHK「靖国神社で“新聞紙”燃える 中国人男逮捕「南京事件に抗議」 」
エントリーNo.14 
TBS「平成最後の天皇誕生日 陛下が語られたこと 」
エントリーNo.15 
東京新聞「無償化費50% 高所得層分 幼保試算、低所得世帯には1%」
エントリーNo.16 テレ朝「モーニングショーでファーウェイ賛美」
エントリーNo.17 朝日新聞「住民らの激しい抗議に警察と米兵がライフル銃で威嚇」
エントリーNo.18 琉球新報「<金口木舌>ヘイトの源流とは」
エントリーNo.19 テレビ朝日「「いずも」 "空母化"必要か」
エントリーNo.20 テレビ朝日「監視カメラ捜査に『政府批判とか出来なくなります』」
エントリーNo.21 朝日新聞「自民の収入258億円、他党を圧倒」
エントリーNo.22 テレビ朝日「国民は兵士と同じく彼を英雄として扱うべき。」
エントリーNo.23 NHK「トランプ大統領の強硬な移民政策。隣国も巻き込み緊張を高めている」
エントリーNo.24 TBS「日本が韓国に戦中に迷惑をかけたのだから補償すべき」
エントリーNo.25 朝日新聞「『金が欲しい』以外に動機ない」
エントリーNo.26 TBS「(BTSメンバーの)本当にごめんなさい、日本の皆さん」

エントリーNo.27 「日本の人々とナチスの犠牲者たちに謝罪するべきだ」の「日本の人々」をカット

エントリーNo.28 朝日新聞「米中間選挙、首相が『歴史的勝利』 米メディアは皮肉」

エントリーNo.29 朝日新聞「櫻井よしこのせいで、自身や学校への抗議や脅迫が殺到した」
エントリーNo.30 読売テレビ「刃物持った犯人を 脚を撃って止められなかったんですか ね?」
エントリーNo.31 NHK「4年間の政治資金報告書を調べたら、自民11人の政党支部から企業献金が…」
エントリーNo.32 琉球新報「工事の騒音影響か 辺野古ジュゴン2頭不明」
エントリーNo.33 NHK「トランプはCNN記者にロシア疑惑を追求されて態度を豹変」
エントリーNo.34 TBS「(杉尾秀哉キャスターによる)決めつけ報道」
エントリーNo.35 TBS「(サウジの)女性の地位が低い」
エントリーNo.36 共同通信「麻生財務相、不摂生患者への支出を疑問視」
エントリーNo.37 琉球新報「明治150年式典 礼賛よりも反省すべきだ」
エントリーNo.38 朝日新聞「米ネトウヨに衝撃 テイラー・スウィフトの政治的発言」
エントリーNo.39 朝日新聞「立憲近藤副代表の疑惑について政治資金規正法抵触」とすら書かずに報道
エントリーNo.40 TBS「世界で脅かされる報道の自由」
エントリーNo.41 NHK「竹に文字のような傷  京都 嵐山」
エントリーNo.42 テレビ朝日「差別主義者、排外主義者」の部分をごっそりカット
エントリーNo.43 毎日新聞「安倍改造内閣に「期待」8%」
エントリーNo.44 テレビ朝日「教育勅語に触れるような発言をして物議を醸した・・・」
エントリーNo.45 TBS「普通の人も偏りつつある」
エントリーNo.46 TBS「ドイツ大使館がオウムの死刑執行を批判している」
エントリーNo.47 フジテレビ「内容はどうでもいい。記者会見の態度が偉そうだ」
エントリーNo.48 共同通信「『安倍1強』を57%が問題視」
エントリーNo.49 朝日新聞 ダブルスタンダードな選挙結果報道
エントリーNo.50 TBS 小泉進次郎氏に握手を求める一般の方々の手を払いのけてインタビューする金平茂紀氏
エントリーNo.51 東京新聞「トリチウムは自然界で有機化する」
エントリーNo.52 TBS「『立憲民主党は沈み行く泥舟』高校教諭が授業で発言」
エントリーNo.53 読売新聞「報道機関を『マスゴミだ』などと述べていた」
エントリーNo.54 テレビ朝日 国連総会でのトランプ大統領の演説に悪意に満ちたナレーション
エントリーNo.55 朝日新聞 「韓国海軍『海上自衛隊旗揚げないで』」
エントリーNo.56 テレビ朝日「世論を誘導した驚くべきその手口とは?」
エントリーNo.57 朝日新聞 「麻生氏の続投 こんな土台でいいのか」
エントリーNo.58 TBS「独裁国みたいな感じ」
エントリーNo.59 日本テレビ「不法移民の犯罪率は高くないというデータがある」
エントリーNo.60 朝日新聞 報道部次長「新潮45は『総理案件』」
エントリーNo.61 TBS JNN世論調査、柳瀬氏招致で「疑惑深まった」74%
エントリーNo.62 朝日新聞 「日本だけの『元号』 使い勝手が悪い制度」
エントリーNo.63 
エントリーNo.64 
エントリーNo.65 
エントリーNo.66 
エントリーNo.67 
エントリーNo.68 
エントリーNo.69 
エントリーNo.70 
エントリーNo.71
エントリーNo.72
エントリーNo.73 
エントリーNo.74 
エントリーNo.75 
エントリーNo.76 
エントリーNo.77 
エントリーNo.78 
エントリーNo.79 
エントリーNo.80 

 

第二回フェイクニュース大賞 投票フォーム  

協賛・ご協力

 
関連イベント

未定

主催 一般社団法人 国民の知る権利を守る自由報道協会
本件のお問い合わせ先 一般社団法人 国民の知る権利を守る自由報道協会
第一回フェイクニュース大賞 事務局
contact@free-press.or.jp
※大会に関するお問い合わせ、メディアの取材等は下記アドレスまでお寄せください。
contact@free-press.or.jp