TBS「(BTSメンバーの)本当にごめんなさい、日本の皆さん」

■ニュースメディア

TBS

 

■ニュースタイトル

「(BTSメンバーの)本当にごめんなさい、日本の皆さん」

 

■ニュース掲載・報道日

2018年11月14日

 

■フェイク理由・ソースURL・その他

原爆Tシャツの防弾少年団。日本人に対する謝罪はついにしなかったが、「ファンに対して謝罪した」とフェイクニュースを流したTBS。そんなにK-POPの肩を持つのは、何か理由があるの?

 

相手が日本人芸能人なら徹底的に粗探しすることが多いのに・・・・

■検証記事

---------------- J-CAST 2018.11.14  

BTS「本当にごめんなさい」発言なかった

 TBS、放送内容を一部訂正しお詫び

 

正しくは「本当に胸が痛いですね」

   「さて、一つ訂正です」――23日のNスタ終盤で井上貴博アナウンサーは、神妙な面持ちで切り出した。

 

「先週14日のこの時間帯に、韓国の人気グループBTSの原爆Tシャツ問題について取り上げました。所属事務所が謝罪コメントを出すとともに、メンバーが東京ドームでの公演の中で、『本当にごめんなさい、日本の皆さん』と話した、とお伝えしたんです。ですが、正しくは『本当に胸が痛いですね』でした。訂正してお詫びいたします」

 

   14日放送の「Nスタ」では、「『原爆Tシャツ』韓国グループ謝罪」とのコーナータイトルで、13日の東京ドーム公演の模様を伝えていた。その中で問題となったTシャツを着用したジミンさんが「ファンの前で口にした」言葉として、ナレーションとテロップで、以下のように紹介した。

 

「日本の皆さんだけでなく 全世界の多くの皆さんが驚かれご心配されたと思います 本当にごめんなさい 日本の皆さん」

 

 

 

 

 

 この「本当にごめんなさい」発言は、同じTBSの「Nキャス」(17日)、「アッコにおまかせ」(18日)でも紹介された。このうち「Nキャス」では、「『防弾少年団』日本公演で原爆Tシャツ着用を謝罪」とのテロップを表示し、メンバーが「謝罪」したということを強く打ち出していた。

 

J-CASTの取材に「回答はございません」

   ところが、同じ公演を取材した他のメディアの記事では、「本当にごめんなさい、日本の皆さん」といった、明確な謝罪発言は確認できず。J-CASTニュースも会場で録音された音声を聞いたものの、「アーミーの皆さんだけでなく、全世界の多くの皆さんが驚かれ、ご心配されたと思います。本当にお騒がせしました」といった発言はあったものの、TBSが伝えたような「謝罪」は見つけることができなかった。

 

   こうしたことから、一部ネット上では実際に会場にいたというファンも含め、実際の発言とニュアンスが異なるのでは、との指摘が出ていた。

 

   なお、TBSの広報担当は20日、J-CASTニュースの取材に対し、「回答はございません」とコメントしている。