朝日新聞「櫻井よしこのせいで、自身や学校への抗議や脅迫が殺到した」

■ニュースメディア

The PAGE

 

■ニュースタイトル

「櫻井よしこのせいで、自身や学校への抗議や脅迫が殺到した」

 

■ニュース掲載・報道日

2018年11月15日

 

■フェイク理由・ソースURL・その他

あたかも櫻井よしこ女史が、植村元記者への抗議や脅迫を煽ったかのような記者会見での発言は、元新聞記者としてはおこなってはならない決めつけである。植村氏の発言を掲載しているのはニュースサイトThe PAGEだが、フェイクニュース大賞に相応しいのはLITERAの方だと考える。

 

こうした証拠や事実(ファクト)に基づかない決めつけが「史上最悪の報道被害を生んだ慰安婦記事」を生んだのではないでしょうか?

※ 問題とされている箇所はLITARAには掲載されていませんでしたので、大元の朝日新聞をニュースメディアとしておきます。

■記事内容

---------------- The PAGE 2018.11.15  

 札幌地裁判決に対する植村隆氏の見解

 

植村:どうも、私は元朝日新聞記者で、現在は韓国カトリック大学の客員教授をやっております、植村隆と申します。今日は皆さんどうもお集まりいただきまして、ありがとうございます。今日は外国特派員協会では二度目の記者会見です。日本メディアが植村バッシングを無視していた2015年に、いち早く反論の場所を与えてくれ、最初の記者会見に呼んでくださったことを、今でも私は忘れておりません。

 今回の判決は不当な判決です。私は控訴して、高等裁判所で逆転を目指します。この事件は私が1991年に書いた朝鮮人元慰安婦のカミングアウトの記事について、櫻井よしこ氏がねつ造とレッテル張りしたコラムを書いた結果、植村への激しいバッシングが起きました。そして、内定していた大学教授の就職の道を絶たれ、さらに非常勤講師として勤務していた別の大学への攻撃や、娘を殺害するなどの脅迫状が送られるようになった、そのような騒ぎになったものです。

 私は2015年の2月に札幌地方裁判所に、櫻井氏と櫻井氏の記事の掲載した雑誌の出版社3社を名誉毀損で訴えました。この裁判の判決が9日にあり、裁判所は私の訴えを退け、櫻井氏に責任はないとしました。判決は櫻井氏が私の社会的な評価を低下させたと認定しました。また、私の記事がねつ造であるという認定はしておりません。

 

■記事内容

---------------- LITERA 2018.11.24  

櫻井よしこが植村隆裁判の不当判決に乗っかり会見で「捏造攻撃」を正当化!

ネトウヨは「植村を極刑にしろ」

 

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏からの「捏造記者」との攻撃に対し、名誉毀損で訴えた元朝日新聞記者・植村隆氏が、今月9日の札幌地裁判決(原告の請求棄却)を不服として、22日、札幌高裁に控訴した。

 周知のとおり、植村氏は、2014年の朝日新聞慰安婦報道問題で、朝日が訂正をした「吉田清治証言」とはまったく無関係であるにもかかわらず、元慰安婦の金学順さんに関する記事を書いたことで、右派やネット右翼から総攻撃を受けた記者だ。内定していた再就職先や勤務先の大学に抗議が殺到、さらに家族への殺害予告まで送られるなど、スケープゴートにされた植村氏への“リンチ”は過激化した。
(以下略)

植村元朝日新聞記者が、「親に売られた追軍売春婦を『軍によって強制連行された従軍慰安婦』であるかのように捏造して報じた」こと自体が、日本と日本人に甚大な報道被害をもたらした「フェイクニュース」です。

 

 

こうした「悪意ある捏造報道」を「訂正させ再発を防ぐ」ためにも、法的罰則力を持つ利害関係なき第三者監視機関が必要であり、PL法(製造物責任法)を報道に拡大する必要があります。

 

「放送自由化のための100万署名」にご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い致します。