報じられない「ベトナム戦争『韓国軍の蛮行』」

■ニュースメディア

小学館

 

■ニュースタイトル

 

NEWSポストセブン

 韓国軍の蛮行伝える「ライダイハン像」

 

■ニュース掲載・報道日

2019年6月30日

 

■参考

ライダイハン(ベトナム語: Lai Đại Hàn、𤳆大韓)

大韓民国(韓国)がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士が強姦し現地ベトナム人女性の間に生まれた子供らのこと

京郷新聞によれば、ベトナム戦争が終わって残された子供は少なくとも3000人以上、2、3万人との推算もある。ベトナム人女性が韓国兵や会社員などと結婚し生まれた子どももいるとされるが、韓国兵による強姦によって生まれた子どもも多数存在し、国際問題となっている。(by Wiki)

 

 

■フェイク理由・ソースURL・その他

大手メディアは、ベトナム戦争に於いて、韓国軍が多数の現地女性を強姦した結果生まれた「ライダイハン」についてほとんど報じない。

また、米国の公文書から韓国軍に「ベトナム人慰安婦」がいたことを、TBSのワシントン支局長の山口敬之氏が公表したことについても報じない。

これこそ、「報道しない自由」と云う名の「隠蔽」である。

■参考記事

----------------  J-CASTニユース2015.4.28

韓国軍のベトナム慰安所報道で処分、「左遷」

 TBS山口敬之ワシントン支局長に激励の声相次ぐ

   韓国軍がベトナム戦争中に慰安所を開設していたことを週刊文春でスクープしたTBSの山口敬之ワシントン支局長が、この記事をきっかけに懲戒処分を受け、営業局に異動させられていたことが分かった。

   「歴史的スクープ 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」。週刊文春の2015年4月2日号は、こんなタイトルで7ページにわたる大特集を組んだ。

 

懲戒処分を受け、営業局に異動を命じられる

   その記事は、山口敬之支局長名で書かれており、アメリカの機密公文書まで調べた文字通りの調査報道だった。この記事は大きな反響を呼び、ネット上では、なぜTBSでは報じなかったのかも話題になった。

   記事によると、山口氏はアメリカに赴任する直前の2013年、ある外交関係者から、慰安所の未確認情報があり、米政府の資料などで裏付けられるかもしれないと耳打ちされた。山口氏は、韓国に加害者の側面があることが分かれば、慰安婦問題の突破口になるはずだとの考えに共感し、この年9月から公文書を探す取材が始まった。

   そして、14年7月になって、米軍司令部が「韓国軍による韓国兵専用慰安所」と断定する書簡を見つけた。今度は、当時をよく知る人物がいないかをリサーチし、米海兵隊の歩兵部隊長だった米国人男性(71)から決定的な証言を得た。サイゴン(現ホーチミン市)にその慰安所があり、市内の別の場所には、1区画20人前後のベトナム人女性が働かされていたもっと大きな慰安所もあったというのだ。韓国兵のレイプや性病蔓延などを防ぐのが理由だったというが、二十歳未満の少女も多かったともいう。

   記事が載った文春は3月26日に発売されたが、4月24日になって、一部のネットメディアやブログで、山口氏が前日付で懲戒処分を受け、左遷・更迭させられたとの情報が出回った。また、山口氏は、自らの取材結果を報道するよう何度もTBSに求めたが、結局報道しない方向になったとの根拠不明の情報も流れた。


■検証記事

------------------------ 月刊 Hanada プラス 2019.10.10

 

■検証記事

------------------------ NEWSポストセブン 2019.6.30

日本の大手メディアや自称・人権団体、女性問題に五月蠅い人権派弁護士や弁護士会、そして『徴用工』問題に熱心な野党各党は、ライダイハンについてまったく触れない。

ρ(・・。) こうした意見が出るのも、当然でしょうね。

従軍慰安婦をでっち上げた挙げ句、「広義の強制性」とか「戦争での女性問題」などと誤魔化した朝日新聞は、ライダイハンにはけっして触れませんね。
というより、「ライダイハンを塗りつぶすように従軍慰安婦を拡散している」ように感じますが、気のせいでしょうか?