報じられない 「中国の『臓器狩り』」

[動画解説]

2018年、中国遼寧省本溪の病院のベッドで、昏睡状態にある胡國艦さん(48)は、死の時を迎えようとしている。傍らには、号泣する妻。ひん死の状態にあるにもかかわらず、足には太い鎖がかけられている。胡さんは十数年あまりの収監を強いられた法輪功学習者で、その後、拷問によるダメージで死亡した。

これは、米大手メディアネットワークFOXの地方支局「FOX11ロサンゼルス」が5月20日、中国国内における法輪功学習者に対する人道犯罪を報道した時の番組の一部。番組は、厳しい情報統制が敷かれる中国本土の収容所や病院内部で撮られた映像を公開した。映像は今年1月、中国から米国へ渡った元実業家の法輪功学習者によって提供された。

FOX11の記者ビル・メルキン氏は、残忍な映像に慣れているジャーナリストでさえ、この映像は、堪えがたいものだったと述べた。しかし、「これが真実である」として放送に至った。

骨の形があらわになりげっそりとやつれた男女、拷問で2年間の意識不明に陥り絶命する男性、棒状スタンガンを押し付けられて顔の皮膚が焦がされた女性―。番組が伝えた中国共産党による非人道的犯罪は、視聴者に衝撃を与えた。

映像を見た人々はSNSに、「信じがたい、悪魔のような残忍さだ」「なぜこれほどまで残虐な政権が21世紀に存在しているのか?」「人類史上最もおぞましい犯罪だ」と書き込んだ。

法輪功は、90年代後半に人気を博した中国の気功修煉法。中国体育局は1998年、7000万人を超える学習者がいると推計した。FOX11は番組で、法輪功の広がりと迫害の実態を、内部映像を織り込んで報じた。

(大紀元 2019.5.23)

■ニュースメディア

NTDTV(新唐人電視台)

 

■ニュースタイトル

中国の臓器狩り:動かぬ証拠(日本語吹き替え版) 鐵證如山 ドキュメンタリー

 

■ニュース掲載・報道日

2019年12月4日

 

 

■当該問題が指摘された箇所

[動画解説]
極端に短い待機時間。雨後の筍のように増える移植病棟ーー中国では、1990年代から臓器移植手術の件数が急増し、手術に用いられる臓器のほとんどが、不当に投獄された「良心の囚人」から摘出している。政府主導のもとで猖獗を極めたこの悪行を、中国の元軍医らが10年をかけて調査をし、様々な証拠を用いて本ドキュメンタリーで暴露し、検証する。

 

 

 

■ノミネートした理由・その他

日本の既存メディアが、 #中国に忖度 して #報道しない自由という名の隠蔽 をおこなう #臓器狩り 。

日頃から #ヘイトスピーチ や #差別 を #人権弾圧 として取り上げる人権団体や弁護士会も、金銭目当ての大量虐殺には目を瞑っている。

自衛隊が海外に派遣されて自国のタンカーの乗組員の安全を守ることや自国民を侵略から守る為にオスプレーを飛ばすことには反対するのに、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)によるユダヤ人虐殺以上の残虐行為が中国で行なわれていることに口を噤(つぐ)む人間が、真の人権家や平和主義者の筈が無い。

■参考記事

-------------- 大紀元 2019.11.7

山田宏議員の外交防衛委員会での臓器狩りおよびウィグル関連の質問についての記事



■検証記事

----------------  Business Journal 2019.7.22

■検証記事

------------  大紀元 2019.11.21