海外では「次亜塩素酸水の噴霧」の有用性から広く使用されているのに、報道管制されているかのように日本で全くそれを報じないのはなぜか?  海外で次亜塩素酸水を散布する映像を流しても、「消毒液」とぼかし「次亜塩素酸水」とは報じない。また、国内の研究機関での有効性を示す研究発表や畜舎などでの使用実績を報じずに、安全性に疑問を持たせるような報道を行なっている。  次亜塩素酸水の噴霧を行なえば、3密による感染を予防できるので、経済活動を通常運転に戻す一助となるだろう。  NHKの報道は、インターネットの「次亜塩素酸水は有効」との情報を否定し、「次亜塩素酸水の安全性」に対する不安を煽るように構成されており、悪質な印象操作である。

 事実と異なる報道「日本を貶め日本人を辱める悪口」を全世界規模で配信し、匿名記事で「日本を誹謗中傷」する朝日新聞。  ネットが情報媒体になったことで、やっと「朝日新聞も書かれる側にもまわる」ことができました。  解決の糸口には、「報道機関の管理職に国籍条項を適用する」「報道内容について、重大な虚偽・捏造に対して「製造物責任法(PL法)」を適用できるようにする」等が必要です。  そして、朝日新聞は「日本と日本人に対して謝罪と賠償を行なう」べきです。

 「像設置は4年前」なので「像設置を切っ掛けとした韓国批判の拡大」はフェイク。「インターネット云々」は、「SNSごときで軽々と動く安倍政権」との印象操作だろう。

「性行為そのものを強制した」つまり「対価無しにsexを強要される存在」=「性奴隷」という、朝日新聞自身が2014年に「記事取り消し」を発表し社長が謝罪会見した表現を使っている。  ケント・ギルバート氏や山岡鉄秀氏らが署名まで集めて対応を求めたが、未だに世界に向けて英語版での拡散を続けている。これは、自社が行なった2014年8月の「記事取り消し」が誤魔化しであり、まったく反省していないことの表れである。  直ちに朝日新聞は、世界に対する「従軍慰安婦強制連行・性奴隷」捏造報道の拡散を止め、日本と日本人に対する謝罪と賠償をせよ!!  新聞記事にも「製造物責任法(PL法)」の適用を求めたい。

 詐欺や誘惑によって人を連れ去っても「略取・誘拐罪(刑法226条)」に該当します。  共同通信は、昨年夏頃より特に日本を貶めるようなフェイクニュースを量産していますが、「拉致」を「略取」と混同した発言をテレビで行なうような論説委員のような報道陣として不適切な人物が編集に携わっているのが原因ではないでしょうか?

 単に各戸に配布された2枚の布マスクの寿命が来ただけなのでは?  配布した布マスク予算が無駄だったように見せる、朝日一流の悪質な印象操作報道だ。

 自分の経営するお店の外に「Vote Trump (トランプに投票しよう)」と書かれた看板を掲げていた「黒人」男性のBernell Trammell氏 (60歳)が、平日の白昼堂々「射殺」されました。しかし、「黒人の人命が大切だ」と叫ぶ「ブラックライブズマター(BLM)」は、「Trammell氏の理不尽な殺害」を取上げません。「黒人差別」に対する抗議デモに好意的なCNNやロイター通信も事件を取上げず、地元紙とFOXが報じたのみです。もちろん、日本のマスコミは報じません。  同じ黒人でも「トランプ支持」なら、殺されても構わないのでしょうか?政治的支持の違いで「犠牲者を差別」するBLM運動は、本当に「黒人の人権・人命のため」の運動ですか?  これを見ると、BLM運動を応援し後押ししているマスコミ(メディア)の報道にも、政治的な意図があると考えるべきでしょう。  この「報道しない自由」では「黒人のトランプ支持者が理不尽な暴力で殺害された」事実と「BLM運動が反トランプの政治的志向性を持つ」事実の隠蔽をしています。

(要約) 澤田克己氏 ・日本人の旧島民証言は信頼できない。 ・台湾人の給与明細は、朝鮮人のものではないので証拠にならない。 ・在日朝鮮人の旧島民遺族の「差別が無かった」との証言は、たった一人の証言なので証拠にならない。 ・韓国人の元徴用工の証言は、たった一人であっても重要で真実だと認められる。 韓国人の自称元徴用工の証言以外は、何の証拠も無く全国紙で軍艦島の旧島民やセンター関係者を嘘つき呼ばわり

 第三回フェイクニュース大賞でも「特別賞」を受賞した「報道されない 中国の『臓器狩り』」  今年に入ってから、ベルギーの上院議会や列国議会連盟などで、相次いで「『臓器狩り』で虐殺を行なう中国(共産党)に対する非難決議」が可決されているのに、日本の既存メディア(新聞・テレビ)はどこも報じていない。唯一、全国紙の1つ、産経の正論で取上げられた程度だ。  黒人の人権問題を連日取上げたマスコミは、毎年何万にもが虐殺されている「臓器狩り」を一切報じようとしない現状は異常だ。日頃から「人権擁護」を唱える日本弁護士会をはじめ、「人権派」を名乗る団体や活動家も含め、中国共産党の統制下にあるような印象が拭えない。某A新聞の幹部が語った「既に日本のマスコミは中国に占領されている」は真実だと思う。

 完全に韓国目線の共同通信。  共同通信の報道姿勢は、6月13日の記事の「日本が朝鮮半島を植民地支配」「多くの朝鮮人労働者が非道な扱いを受けた」「定説」との断定的な記事で明らか。  日本を「過去の事実を覆い隠し、歴史修正主義を助長する」と批判することで、中韓からの反発を呼び込み、日本の国際的立場を弱め、中韓の被害者ビジネスに資する目的があると考えられる。

さらに表示する