第四回フェイクニュース大賞

 フェイクニュースで日本人の足を踏みまくっている東京新聞は、まず日本を貶めたことに対する心からの謝罪をしよう。  出稼ぎ労働者を「(強制的に徴用された)元徴用工」と捏造して報じる。朝鮮人差別は無かったとする日本の一次資料や証言を頭から否定し、信憑性が乏しいと指摘される朝鮮側の証言を新事実のように並べ上げる。  日本を守り育ててきた先人達を貶め続け、「言論の自由」という美名に守られた東京新聞の記者や編集者には、踏みつけられた日本人の痛みが分からないようだ。

 切り取り報道で発言者を貶める悪質な印象操作!!  原爆により妻を亡くしながら救護や補給の指揮を執った高野知事が、「断じて怯むことなく救護復旧の措置は既に着々と講じられつつあり」と広島の復興を呼びかけた県知事論告を、悪意と偏見でねじ曲げて報道する。  なんと無慈悲なマスゴミ的所業でしようか!!

 共同通信が「官邸のホームページに掲載された双方の全文を比較」して、段落数や結びの言葉などが同じ事が分かったんですよね?  式典に参加しておられた被爆者やその遺族が、「哀悼や追悼の表現が同じだから」と怒ったのですか?それって、弔電が定型文だったら怒るようなものですよね。本当に、そんな被爆者が居られたのですか?  逆に、内容に差を付けたら「差別だ」と書くのではないのですか?  「倒閣」だけが目的の報道を行なうフェイクメディア、共同通信。

 日本と政治的立場を同じくする西側先進国やアジア諸国を基準にすれば、「真の主権回復」とは「国連の『敵国条項』」に縛られる事無く、「東西冷戦の戦勝国」として「日本に対して砲艦外交により軍事的威圧を加えてくる共産党中国(中華人民共和国)と対等に渡り合う」ことができる状態を指すのでは無いか?  数百隻の中国漁船に海洋資源を根こそぎ密漁されたり、海底ガスを盗掘されても、「遺憾」の表明しか出来ないのは、とても「主権のある独立国」とは言えない。日本より遙かに経済も国防力も劣ったインドネシアでさえ、違法操業した中国漁船を拿捕して爆破した。中国共産党に弱い韓国でさえ、違法操業する中国漁船に発砲している。  百日以上も国土を犯され、自国の漁民が追い散らされるにまかせている「主権を放棄したかのような弱腰の国」は、日本だけだ。  堂々と「改憲」して「日本の主権を侵す国」からの圧力を跳ね返せるようになるべき・・・・・となるのが、普通の国の真っ当な報道機関の報道だろう。  しかし、真逆に誘導して「人民解放軍の抑止力」らなっている米軍との協力さえ無くしてしまえ・・・・・となるのが、「日本から主権を奪い取っ

 日本の全国紙やテレビ報道が一切取上げないのが、「追悼」や「慰霊」と関係ない政治スローガンで騒ぐ人々と、それによって被害を受ける現地の方々の声。  沖縄の違法な反基地活動に対する報道姿勢と同じく、「報道しない自由」で「地元民に迷惑を掛ける政治活動の隠蔽」により、「地元民の抗議」へと印象操作している。

 そもそも、「PCR検査で感染は防げない」と朝日新聞の論座でも書いているし、鼻や喉にウィルスがなければ検出されないので感染している場合でも「陰性」になることもある。また、ハンセン病の原因は『らい菌』であり、ウィルスではないのに、その違いも理解していない。  全国に放送してから「勉強した」って、謝罪以前の問題。

 市中感染率が低くて、「ナンセンス」と断じるくらいに無視できるなら、「PCR検査を拡充する」必要すら無いのでは?  自己矛盾する発言を平気で垂れ流す人間に、コーナーまで持たせて自由に全国発信させているテレビ局の無責任体質が信じられない。

 朝日新聞と毎日新聞の連係プレーでの「倒閣報道」 「時間が迫っている」と事前に通告されていながら、4つめの長々とした質問に答えた後での「追加質問」。マッチポンプにも程がある。

中韓に阿(おもね)る東京新聞の報道姿勢が伺える記者会見でのウエノ記者の質問。東京新聞では、自宅に防犯装置を付ける時、近隣の不審者や公安監視団体などの理解が必要みたいだ。  核兵器の新規配備を続ける中国と北朝鮮、空母打撃軍を新たに創設し大軍拡を続ける人民解放軍、中国公船や海洋調査船を使って沖縄侵略を隠さない中国共産党。日本国内で、東京新聞と共同通信がそのお先棒を担いでいることが良く分かる記者会見だった。

 日本では韓流ドラマ毎日のように放送されているが、韓国では未だに地上波テレビで日本ドラマや日本語歌詞の曲など放送が制限されている。「これまで韓国によって築かれてきた関係」は、一言で言えば「韓国の反日・嫌日・侮日姿勢によって、恩を仇で返され、身に覚えのない罪を擦り付けられ、一方的に誹謗中傷され続けてきた」関係だ。虚心坦懐に日韓関係を見つめ直せば、「日本は世界が認めるほど韓国の発展に寄与してきたにも拘わらず、韓国の『ディスカウントジャパン運動』によって世界中に日本の悪口を言いふらされている」ことが分かる筈だ。「日韓関係を軽視している」のは韓国側であり、嫌韓派はそうした現実を2012年のワールドカップで見せつけられた層から爆発的に増加した。  小倉氏は「韓流ブーム」を吹聴し、共産主義者である文在寅大統領の下で韓国版KGBをつくって赤化しつつある韓国を必死で盛り立てようとしているが、すでに韓国はレッドチームであり、統一は「赤化統一」になるので、「経済の大発展」など「非現実的」なことこの上ない。

さらに表示する