カテゴリ:活動ニュース



 第三回フェイクニュース大賞でも「特別賞」を受賞した「報道されない 中国の『臓器狩り』」  今年に入ってから、ベルギーの上院議会や列国議会連盟などで、相次いで「『臓器狩り』で虐殺を行なう中国(共産党)に対する非難決議」が可決されているのに、日本の既存メディア(新聞・テレビ)はどこも報じていない。唯一、全国紙の1つ、産経の正論で取上げられた程度だ。  黒人の人権問題を連日取上げたマスコミは、毎年何万にもが虐殺されている「臓器狩り」を一切報じようとしない現状は異常だ。日頃から「人権擁護」を唱える日本弁護士会をはじめ、「人権派」を名乗る団体や活動家も含め、中国共産党の統制下にあるような印象が拭えない。某A新聞の幹部が語った「既に日本のマスコミは中国に占領されている」は真実だと思う。

 美談として報じられていたが、中国での移植と「臓器狩り」はセットの筈。「人口が多い」ということは、移植を待つ患者も多い筈で、移植の待機時間が短い理由にはならない。  医療ジャーナリストが「欧米で非難決議までされている臓器狩り」と「中国の移植件数の多さ」の関係を知らない訳がない。  悪質な「報道しない自由」と云う名の隠蔽と「臓器狩りを日中友好の美談」にすり替える印象操作。

活動ニュース · 2020/03/09
2020年(令和2年)3月8日(日) 日比谷野外音楽堂にて開催されました 3.8 習近平主席「国賓」招聘(へい)反対 国民総決起大会 に参加し、スタッフとして裏方をしてきました。

2020年(令和2年)3月6日(金) IKE・Bizとしま産業振興プラザにて開催されました 北朝鮮による 拉致犯罪 と チュチェ思想 研究会 第一回シンポジウム に参加し、スタッフとして裏方をしてきました。

活動ニュース · 2020/02/29
2020年(令和2年)2月29日(土) 文京区民センターにて開催されました 領土・領海・人権の改善無き 習近平主席「国賓」招聘(へい)反対 総決起集会 に参加し、 中国共産党による日本のマスコミ工作 について5分間のスピーチと、記者会見での質疑応答を行ないました。

活動ニュース · 2020/02/29
2020年(令和2年)2月29日 文京区民センターにて開催された 領土・領海・人権の改善無き 習近平主席「国賓」招聘(へい)反対 総決起集会 でスピーチした 「日本のマスコミに浸透する中国共産党によるメデイア工作」 についての詳細+α(アルファ)です。


■ニュースメディア twitter ■ニュースタイトル Dappi 河野大臣 「習近平の国賓待遇について中国が世論コントロールを要求してきた」 ■ニュース掲載・報道日 2020年1月17日 ■ノミネートした理由・その他 内政干渉なうえに、内容が「公権力による言論統制をしろ」だよ? 普段言論の自由ガー、報道の自由ガーとか言ってる連中は怒らないの? (来世から本気出す...

[動画解説] 2018年、中国遼寧省本溪の病院のベッドで、昏睡状態にある胡國艦さん(48)は、死の時を迎えようとしている。傍らには、号泣する妻。ひん死の状態にあるにもかかわらず、足には太い鎖がかけられている。胡さんは十数年あまりの収監を強いられた法輪功学習者で、その後、拷問によるダメージで死亡した。...

■ニュースメディア 文化人放送局 ■ニュースタイトル 「怒っていいとも」 155  4.もぐもぐ収録   ・質問コーナー ・文化人放送局ファンクラブ ・質問はこちらまで! ■ニュース掲載・報道日 2020年1月16日収録 【出演者】 ・加藤清隆(政治評論家) ・高橋洋一(嘉悦大学教授) ・坂倉豊年 (国民の知る権利を守る自由報道協会 代表理事)...

さらに表示する