· 

世界主要国の 監視機構と罰則抜粋23

23.サウジアラビア

 

1.報道内容に対する監視機構と罰則規定等について

 サウジアラビアの統治制度は絶対王政であり、また、サウジアラビアの法制度はイスラーム法を法源としており、法源としてのサウジアラビア基本法は存在するものの、欧米諸国等の憲法とは基本的に性質が異なる。

 基本的に反イスラーム的な内容は例外無く広く違法であり、報道機関を含むあらゆる表現においてもこれが適用されている。また、基本的に報道機関等は検閲を受け管理されており、違反行為に対し勧善懲悪委員会的(Committeefor the Promotion of Virtue and the Prevention of Vice CPVPV)による懲罰が加えられる体制が長く続いていたが、2015年のサルマーン国王即位以後、ムハンマド・ビン・サルマーン(Mu加mmadbin Salman Āl Sa‘ūd) 副皇太子兼第二副首相兼国防大臣)によりビジョン2030と呼ばれる経済改革制度が推し進められており、その改革に基づき経済開発評議会(Councilof Economic and Development Affairs CEDA) が新設され、これまでの特に西洋的な娯楽産業に対する厳しい取り締まりを行っていた政策を大きく転換し、娯楽産業振興と管理を行う娯楽庁が新設された。

 なお、具体的な規制内容については、文化情報省(Ministry of culture and media) による報道機関規制で細かく明文化されている。

 

 サウジアラビア基本法は下記のWebサイトを参照

 https://www.shura.gov.sa/wps/wcm/connect/shuraarabic/internet/laws+and+regulations!t

he+basic+law+of+government/the+basic+law+of+government

 

 ビジョン2030の詳細は以下のWebサイトを参照

 http://vision2030.gov.sa/SVpdf_%20jp.pdf

 

 文化情報省報道機関規制は下記のWebサイトを参照

 https://www.moci.gov.sa/media/1/media/8268984176.pdf

 

 文化情報省報道機関のシステムは以下のWebサイトを参照

 https://www.moci.gov.sa/media/1/media/6239412492.pdf

  

 

2. 監査機関と管理体制について

・文化情報省(MOCI)

アラビア文化と情報通信関連の政策と法整備等を行う。

・通信情報技術委員会(CITC)

周波数管理と情報通信関連事業の許認可等を行う。

・勧善懲悪委員会(CPVPV)

イスラーム法に則り、放送内容等に関する規則違反の摘発等を行っている。

 

※検閲があり、テレビ地上波は国営テレビ(SaudiTV)のみなので、情報発信源は占有されている。

 

参考資料:サウジアラビア王国 通信レポート(総務省)

 http://www.soumu.go.jp/g-ict/country/saudi-arabia/pdf/966.pdf

 

(※リンク先が調査時(2017~2018年)から変更になっている場合は、各機関のHPルートに接続します)

世界主要国の公共放送を中心とした監視機構と罰則抜粋 24