第四回フェイクニュース大賞 中間発表(坂東忠信先生 個別解説)

4-1 坂東忠信先生・個別解説1

毎日新聞 2020.5.30の報道動画

通行人によって撮影されたもの

武漢発の新型コロナウィルス感染リスクを考慮し、第三回フェイクニュース大賞の結果発表と同様に、Skype収録による中間発表としました。

 

■審査員

元刑事・外国人犯罪対策講師

坂東忠信氏

 

■ピックアップしたノミネート記事

ノミネートNo.73

 共同通信「渋谷で「警察は人種差別するな」 500人抗議、クルド人職質にも」

ノミネートNo.74

 毎日新聞「「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴」

 

 

■引用ブログ

報じられない「極左組織『アンティファ』の危険性」

「共産主義による犠牲者を悼む日」を報道しない日本のメディア

 

 


個別解説で紹介したネット記事やYouTube動画等

■当該記事
----------------------  共同通信 2020.6.6

ノミネートNo.73 へのリンク 

■検証記事

--------------------  電子瓦版 2020.6.1

■検証記事
--------------- 事実を整える 2020.6.3

■検証記事

-------------------  ANTIFA INTERNATIONAL 2015.12.25

共産党による全体主義(ファシズム)は「言論の自由の弾圧」と非難せず、ウクライナの「共産党非合法化」に対して「言論の自由に大打撃」と声明を出す段階で、アンティファが日本赤軍のような「共産党」系テロ組織であることが分かる。


坂東忠信先生の御著書 外国人犯罪・移民問題等に関するもの


坂東忠信先生は「ときたひろし」のお名前で絵本も出されてます