テレビ朝日「ウイグル問題って。中国当局のチェックも入ります」

■ニュースメディア

ANN(テレビ朝日)

 

■ニュースタイトル

大下容子ワイド!スクランブル

防衛白書に中国反発「白書ではなく黒い資料だ」

 

■ニュース掲載・報道日

2020年7月6日

 

 

■注目すべき箇所

小松靖アナウンサー

「ウイグル問題は我々メディアも非常に扱い難い問題。

 中国当局のチェックも入りますし、我々報道機関でウイグル自治区のニュースを扱うのはこれまでタブーとされてきた。

 去年、共産党の内部告発の文書が出て、NYTが報じて我々が報じやすい素地が出来た」

 

 

■フェイク理由・ソースURL・その他

 小松アナウンサーのはつげんのじゅうようなポイントは、「日本のマスコミは中国共産党の検閲を受けた報道を流しています」というところ。

つまり、

1.思想誘導

2.報道しない自由という名の隠蔽
3.フェイクニュースという名の捏造
4.偏向報道という名の印象操作
が、現在進行形で「中国共産党のために」行なわれているということを暴露した重要な内部告発!!


■関連記事

------------------------ BBC 2020.7.20

駐英中国大使、BBC番組でウイグル人の強制収用否定

 ビデオを見せられ

■検証記事

----------------  Business Journal 2020.07.11